kayの日記

猫姉妹と馬が大好きなkayのぐだぐだ日記

2010年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年04月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

息子とイヴの蜜月

ブログ更新しなかったひと月の間にイヴと息子との距離が随分縮まった。
この前は息子の股の間にイヴが埋まっていた(笑
イヴが自分からそうしたのだ。
「ヴーちゃん、長生きしてユウマン(息子の秘密の愛称)の小学校卒業まで・・・
できたら中学卒業まで見守ってね。
ファルちゃんみたいに早く逝ってしまってわないでね。」
とお願いした直後だった。
香箱ふたつ。どちらを開けましょう。

最近のイヴは自らユウマンに近づいてくる。
そして、ユウマンは微笑みながらイヴのどこかを鷲掴みにする。
「それは痛いんだよ」といったってまだ分からない5ヶ月児。
イヴはそれをじっと我慢する。慌てず嵐が過ぎ去るのをじっと我慢。
ユウマンはその手をなかなか離さない。
そして結構力が強い。
ユウマンがやっとその手を離しても、イヴはその場を動かない。

そんなイヴも髭を摑まれた時は顔を歪めていた。
それでも噛み付かないイヴの心は太平洋のように広くて大きい。
イヴは凄いな。きっと何かに気づいているんだ。
これは、猫村さんの坊ちゃんに対する気持ちと同じではないかと思ったりする。
ユウマンと目を合ったとき、そっとオデコの匂いをかぐイヴさんをみて涙ぐみそうになった。

そして、ベガはといえば・・・
とにかくユウマンが苦手のようだ。
べっちは臆病者なのでしかたない。私に慣れるのすら半年かかったのだから。
べっちにはべっちなりの時間のかけ方があり、それを乱してはならない。
イヴに犬要素が多いとすると、ベガは典型的な猫。
甘えん坊で自己中心的。でも後腐れないところが魅力
実にさっぱりしている。
まぁ、時間がユウマンとベガの距離を縮めてくれるでしょう。

ユウマンは通りすがりのベガによく微笑みかけている。
今のところ怖がられているだけだけど(笑
スポンサーサイト

| イヴベガ | 10:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年04月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。