kayの日記

猫姉妹と馬が大好きなkayのぐだぐだ日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第58寿和丸転覆事故(その3) かっちゃんから皆さんへ

皆さん、本当に有難うございます
私は、kayちゃんの幼馴染で、kayちゃんに署名のお願いをしました。
沈没した漁船の会社で働いています。

kayちゃんのご好意でブログにのせていただきました。
私は、署名が無理でもこの事故が風化しないように
思い出してもらえたらと思っていました。
それだけで十分だったのに
署名をいただけるんなんて、感謝と感動で涙が止まりませんでした。
ブログを通じて、皆さんのあたたかさにふれ
潜水調査を実現するための励みとなりました。

皆さん、本当に本当に有難うございます。

第58寿和丸は、深さ5000メートルの深海に眠っています。
日本には「しんかい6500」という世界一深くもぐれる潜水艦があります。
文部科学省所轄の海洋研究開発機構が所有しています。
技術的に潜水調査は可能なんです。
運輸安全委員会は、波による沈没ではないと思っているはずなのに
この潜水艦の使用を打診していません。
いろいろ不可解な点はあるのですが・・・


皆さんのご協力を無駄にしないよう
原因究明のために、頑張っていきます。
本当に本当に有難うございます。


*--------------------------------------------------*

2008年11月末まで署名運動を行っております。

潜水調査の署名にご協力いただけます方は
お手数ですが、昨日の日記内または以下ののリンク先より
嘆願書を印刷し、ご署名いただきました上で
下記返送先までお送りください。(PDFファイルにも送付先は記載されております)

☆趣意書・嘆願書のPDFファイル(A4)


☆第58寿和丸転覆事故サイト(嘆願書あり)


嘆願書返送先:
小名浜機船底曳網漁業協同組合
〒 971-8101
住所 福島県いわき市小名浜字栄町5番地
TEL 0246-54-6121
スポンサーサイト

| 未分類 | 10:11 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

かっちゃんさんへ・・・
ほんのちょっとでもお手伝いが出来ればと思い自分のブログにもリンクさせていただきました。
みなさん、快く署名にご協力していただけそうです。
少しでも力になれれば幸いです。

| cuchiko | 2008/11/13 18:22 | URL | ≫ EDIT

本当に痛ましい事故ですね・・・。
こういう事は二度と起こって欲しくないと思います。

| こうちゃん | 2008/11/13 20:23 | URL | ≫ EDIT

*cuchikoさんへ

有難うございます。
事故の事を広めてくださり、そして署名まで・・・
なんだか有難うしか言えなくてすみません。

行方不明者13名のうち11名の葬儀が今月中に執り行われます。
葬儀を行うのは、事故に対してのあきらめではなく
安らかになって欲しいという思いが一番だと思います。
殉職者17名の供養の為にも原因究明に向け頑張っていきます。


*こうちゃんさんへ

本当に、二度と起こって欲しくない事故です。
安全対策は、事故状況、生存者の話からも万全であったはずです。
万全だったはずの船が沈んだとあっては、
漁業自体が不安になってしまいます。
これからの漁業のためにも、原因究明は必要なんです。

| かっちゃん | 2008/11/13 22:24 | URL | ≫ EDIT

こうちゃんさんへ

ご自分たちの生活や日々の暮らし、現実問題としてこの事に関わってばかりいられないというジレンマも当事者の方には多くあると思います(失礼を承知です。)

ですが皆様がこの活動をされているのは、自分たちのことだけでなくこれから漁業と言う仕事をしたいという後輩や子供たちの事を考えて不安を取り除いて次の世代のためにされているのではないかと思っています。
そして、その心意気に賛同する人もちゃんといます。
そして、時々教えてくださいませ。忘れっぽいですが、思い出す事もします。。

ちょっとうまく書けませんが(^^;)


| ちびた | 2008/11/13 23:41 | URL | ≫ EDIT

*ちびたさんへ

ご協力、有難うございます。
冒頭の文、失礼じゃないです。気になさらないで下さいね。
kayちゃんからcuchikoさん、そしてちびたさんへ。
事故を思い出したり、知ってくれる方がいる。
本当にそれだけで十分だったのに、署名まで有難うございます。

まき網漁業は、魚を獲る船(本船)、捜す船(探索船)、運ぶ船(運搬船)にわかれています。
沈んだ船は魚を獲る要の本船でした。
残された乗組員のために本船を復活し通常の操業に戻し、
彼らの生活を守らなければいけません。
そのためにも、事故の原因を究明し安心して
漁に送り出せるようにしなければいけないんです。
ちびたさんの言うとおり、次の世代の為にも原因究明は必要です。
原因究明は、現在、未来の漁業の為に必要なんです。

この署名に賛同してくれた方々の為にもがんばっていきます。

| かっちゃん | 2008/11/14 08:26 | URL | ≫ EDIT

皆さん有難うございます

署名をくださった方、事故を改めて知って下さった方
皆さん、有難うございます。

署名の経過と締切延長のご報告です。

署名を集めてから2週間で約2万の署名が集まりました。
署名は、小名浜機船底曳網漁業協同組合がとりまとめをしており
2万というのは、そちらに届いた分の数です。
直接、会社にも届いております。

そして、当初の締め切りが近付くほど、署名をとりまとめている組合にも会社にも
たくさんの嘆願書が届いております。
北海道から九州まで全国の方々から届いており、もう感謝の言葉がみつかりません。
有難う以上の言葉があるなら、その言葉を心から皆様にお伝えしたいです。

「送るのが締め切りを過ぎて良いか?」という問い合わせが多数あり、
また、陳情に行くのも今回は会社だけでなく、関係団体と一緒な事から
予定を合わせると今年中に行くのは無理そうなので、
締め切りを今年いっぱいに延ばしました。

事故を調べている機関も、おかしな事故だと思っているはずなのに
潜水調査に踏み切らない…
国を動かすためにどの位の署名が必要なのか見当がつかず、不安になる事もありますが
毎日届く嘆願書を見ていると、こんなにたくさんの人が応援してくれていると心が救われます。
賛同してくれた皆さんの思いを無駄にしない為にも、原因究明にむけて頑張っていきます。

そして、今回この事故を知ってくださり
この署名に賛同していただける方がいらっしゃいましたら
ご協力、宜しくお願い致します。

| かっちゃん | 2008/11/27 19:27 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kay99crimson.blog118.fc2.com/tb.php/170-5adf01b1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。